中国撤退コンサルタント『OBM』

中国から撤退を考えている企業には、とても頼りになる会社があります。

それは『OBM株式会社アウトバンドマネジメント』という会社です。

この会社は、中国撤退コンサルティングを専門に行っており、その実績は日本一と断言しています。

企業を売却し中国から撤退させるのはなかなか簡単にはいきません。

もし、中国からの撤退を考えている場合、まず注意したいことがあります。

それは、親会社側か中国法人側かということです

親会社側の場合、現地法人での追剥課税を賄うため、本社側は資金繰り(増資や貸付・債権放棄など)が必要となり、その額はおよそ1億超と言われています。

現地法人側は、会社設立10年以上経っていなければ優遇税制の剥奪課税が生じてきます。

また、関税に関して厳しくなります。

また他の税(法人税・個人所得税など)に関しても厳しい調査がなされます。

こうした手続きの3〜6ヶ月前に、前もって調査するのがこの企業の役割です。